【最新2022】お試し無料あり?おもちゃレンタルのサブスク7社を比較

おもちゃを掴む手

音楽や映画など、様々なサブスクリプション(サブスク)サービスを使っている方も多いですね。

このサブスク、おもちゃにもあることをご存じですか?

今回は、便利なサービス「おもちゃレンタル・サブスク7社」を徹底比較!

おもちゃのサブスクについて、サービスの内容やお試し無料期間の有無などについて解説していきます。

目次

おもちゃレンタルができるサービスはたくさんある!

おもちゃで遊ぶ3人の子供

おもちゃのレンタルサービスを提供する会社はたくさんあります。

以下ではサービスについての基本的な説明と7社それぞれの特徴などを順番にご紹介していきます。

※利用料などの金額はすべて税込みで記載しています。

おもちゃのサブスクとは?

毎月の利用料金を支払うと、一定期間おもちゃがレンタルできるサービスのことをいいます。

自宅に届いたおもちゃは返却期間まで遊ぶことができ、気に入ったおもちゃはお安く購入することもできます。

買わずにすむのでお家がおもちゃで溢れることも、同じようなおもちゃが溜まってしまうこともありません。

小さい子どもがいる家庭に人気のサービスとなっています。

対象年齢は?

中には5歳以上のおもちゃを用意している会社もありますが、0歳~4歳までがほとんどです。

質の良いおもちゃで遊ぶことで五感と脳を刺激し、発達を促すことができます。

5歳までに人間の脳の85%が完成されると言われているため、この時期にどんなおもちゃを与えるかはとても大切です。

どんなおもちゃがくるの?

一般に知育玩具と呼ばれるおもちゃが自宅に届きます。

知育玩具とは、遊ぶことによって能力の成長を促すことができるおもちゃのことです。

たとえば人気のマグネットブロックは、指先の操作性や立体についての数学的な思考、形を組み立てる自由な発想力を伸ばすことができます。

その年齢にみあった最適なおもちゃを選ぶことが重要です。

おもちゃレンタルでコスパが良いのはどこ?

checked

おもちゃレンタルサービスを行う会社のコスパがわかる比較表を作成しました。

1日当たりのレンタル料と、おもちゃ1個当たりにかかる金額を載せています。

各サービスについては、その下で詳しく説明しますが、まずはコスパの良いおもちゃレンタルサービスを見ていきましょう!

7社コスパ比較!一番安いのはどこ?

各社の一番安いプランで割引後の月額使用料を算出しました。

おもちゃの数に幅がある場合は最多個数で計算しています。

スクロールできます
サービス名月額使用料
おもちゃの数1日のレンタル料
1個あたりにかかる金額
Cha Cha Cha3,069円6~7個99円
(4位)
438円
(2位)
IKUPLE(イクプル)2,490円 3個80円
(1位)
830円
(6位)
キッズ・ラボラトリー  3,417円5~10個110円
(6位)
342円
(1位)
And TOYBOX3,005円4~6個97円
(3位)
501円
(4位)
おもちゃのサブスク2,732円 4~6個+
中古絵本2冊無料
88円
(2位)
455円
(3位)
トイサブ!3,257円 5~6個105円
(5位)
543円
(5位)
いろや商店くらぶ6,600円 1~4個(冊)212円   
※買い取り
1,650円

※すべて税込み価格

1日のレンタル料はIKUPLE(イクプル)が最安

1日のレンタル料を比較すると、イクプルが最安となります。

ただし、イクプルはおもちゃの数が3個と少ないため、割高感が否めません。

\ クリックでページに飛びます /

おもちゃ1個あたりのレンタル料はキッズ・ラボラトリーが最安

おもちゃ1個あたりのレンタル料を比較すると、キッズ・ラボラトリーが最安となります。

ただし、おもちゃの数は5~10個と幅があり、レンタル日数で割ると割高になる可能性もあります。

\ クリックでページに飛びます /

総合的には「おもちゃのサブスク」のコスパが優秀

「1日のレンタル料」と「おもちゃ1個あたりのレンタル料」のそれぞれを順位化し、2つの順位からコスパランキングを作成すると以下のようになりました。

ランキングサービス名
1位おもちゃのサブスク
2位Cha Cha Cha
3位キッズ・ラボラトリー  
3位IKUPLE(イクプル)
3位And TOYBOX
6位トイサブ!
いろや商店くらぶ

総合的には「おもちゃのサブスク」のコスパが優秀です。

\ クリックでページに飛びます /

おもちゃのサブスクとして人気の「いろや商店くらぶ」に関しては、買い取りが基本となっているため比較ができませんでした。

また、この結果はあくまでもコスパによるランキングです。

実際には各サービス内容をチェックして、取捨選択をしてみてくださいね。

以下では、それぞれのサービスについてわかりやすく解説していきます。

おもちゃレンタルサービス①おもちゃのサブスク

おもちゃが成長過程に大きく影響するという観点から、知育玩具のみを選定しているおもちゃのサブスク。

\ クリックでページに飛びます /

知育玩具の研究に時間をかけるマーケティングのプロ集団が選びぬいたおもちゃが自宅に届きます。

おもちゃだけでなく毎回中古絵本2冊も無料で受け取ることができます。

小さな頃から本を読む習慣のきっかけづくりになることでしょう。

おすすめポイント
  • 毎月中古の絵本2冊を無料でプレゼント
  • 返却は次のおもちゃが届いてから
  • まとめて支払うとお得に

2か月分が無料!1年分まとめ払い

1年分の利用料金をまとめて支払うと、なんと2か月間無料となります。

その場合の利用料は2,731円。

毎月払いだと支払いは3,278円なので1か月あたり500円以上もお得になります。

また、半年分のまとめ払いでも初月が無料となるため、申し込みはまとめ払いがおすすめです。

基本情報

月額利用料スタンダードプラン 
3,278円
おもちゃの数6点
金額相当15,000円
交換サイクル毎月
対象年齢3か月~6歳
兄弟の分配できる
最安プラン年間一括払い

\ クリックでページに飛びます /

おもちゃレンタルサービス②Cha Cha Cha

Cha Cha Chaには、3つのコースがあります。

\ クリックでページに飛びます /

特にユニークなのは、5歳児に特化した学研ステイフルコースがあることです。

学研ステイフルコースでは「論理的思考力」や「考える力」を引き伸ばすことを目標としています。

就学前の準備に最適なコースとなっています。

おすすめポイント
  • おもちゃを選定は教育現場のプロ
  • 5歳向けの思考力を伸ばすコースがある
  • 特別支援教育プランがある

初めての方は初月1円で使える!

毎月払いの方は新規入会に限り、初月1円で利用することができます。

最低利用期間の2か月のみの利用でも大丈夫です。

その場合1か月あたりの利用料は1,706円!

この金額なら気軽にお試しできそうですね。

最安は基本プランの年間まとめ払い!

1年間分をまとめて支払うと初月分が無料となります。

年間で3,720円もお得に。

継続して利用するのであれば年間のまとめ払いが最安です。

基本情報

月額利用料・基本プラン3,410円
・学研ステイフル監修プラン4,950円
・特別支援教育プラン4,378円
おもちゃの数6~7点
金額相当15,000円
交換サイクル2か月
対象年齢0~5歳
兄弟の分配できる
最安プラン基本プランの年間一括払い

\ クリックでページに飛びます /

おもちゃレンタルサービス③キッズ・ラボラトリー

木製のおもちゃはお値段が張るもの。

国内外の木製のおもちゃを中心に、返却期限なしでサービスを提供しているのがキッズ・ラボラトリーです。

\ クリックでページに飛びます /

知育玩具コンシェルジュが要望や志向にあわせて毎回プランニングをしてくれます。

リクエストがあれば伝えてみましょう。

おすすめポイント
  • おもちゃの数を調整できる
  • LINEで連絡!ストレスフリー
  • 知育玩具コンシェルジュが個別に選定
  • 8歳までの幅広い対象年齢
  • おもちゃは何回でも交換できる

唯一の全額返金保証制度!

「届いたおもちゃで遊ばない」といった理由でサービスの利用を取りやめたい場合は、初回に限り全額返金をしてくれます。

全額返金保証制度があるのは、今回ご紹介する7つの会社の中でもキッズ・ラボラトリーだけです。

ただし返金には条件がありますので注意が必要です。

詳しい内容はこちらで確認してくださいね。

隔月プラン年間まとめ払いなら10%OFF

最安は隔月プランの年間まとめ払いとなっています。

まとめて支払うと10%OFFとなり、月々の利用料が約260円お安くなります。

毎月プランとの違いは下記の点となりますので、それほど気にならないのであればお安いお試しプランがおすすめです。

おすすめプランとの違い
  • おもちゃの交換サイクルが隔月
  • 決められたタイミング以外でのおもちゃの交換ができない

基本情報

月額利用料・毎月プラン4,378円
・隔月プラン2,574円
※別途送料1,100円(お届け時のみ)
おもちゃの数5~10点
金額相当15,000円
交換サイクル・おすすめプラン毎月
・お試しプラン2か月
対象年齢3か月~8歳
兄弟の分配できる
最安プラン隔月プランの年間一括払い

\ クリックでページに飛びます /

おもちゃレンタルサービス④IKUPLE(イクプル)

IKUPLEでは、おむつやトイレットペーパー、ウェットティッシュなど毎日使う日用品を会員価格で購入することができます。

\ クリックでページに飛びます /

買いに行くとかさばるようなものばかりなので、おもちゃと一緒に自宅まで配送してくれるサービスは、忙しいママにとっても助かります。

お買い物金額の5%がポイントとして還元され、次回のお買い物のときに利用することができます。

おすすめポイント
  • 殺菌装置で入念なクリーニング!
  • 要望を取り入れて最適なおもちゃをセレクト
  • 20,000~30,000円相当のおもちゃが届く※

※レギュラープランの場合

初回お試しキャンペーンは終了

初回から2か月をお試し価格で利用できるキャンペーンを実施していましたが、2021年5月に終了しています。

現在キャンペーンなどは行われていないため、一番お安く使えるプランは「ライトプラン」になります。

おもちゃの数が少なめに設定されている分、利用料もお安くなっています。

試してみたい方はこちらを検討してみてくださいね。

基本情報

月額利用料・レギュラープラン3,700円
・ライトプラン2,490円
おもちゃの数・レギュラープラン6点  
・ライトプラン3点
金額相当・レギュラープラン20,000~30,000円
・ライトプラン10,000円
交換サイクル2か月
対象年齢0~3歳
兄弟の分配できる
最安プランライトプラン

\ クリックでページに飛びます /

おもちゃレンタルサービス⑤And TOYBOX

And TOYBOXでは、保育園での実務経験がある保育士が発達支援プログラムを監修しています。

\ クリックでページに飛びます /

たくさんの子どもと触れ合った経験をもとに、おもちゃを選定するプランナーにアドバイスを行います。

プランナーがアドバイスとヒアリング内容にそってお子さんにあったおもちゃを選ぶシステムです。

プランに関する連絡はすべてLINEで完結、忙しいママでもストレスフリーに使えることも魅力の一つです。

おすすめポイント
  • 担当プランナーが個別におもちゃを提案
  • 発送前にプランの確認が可能※
  • おもちゃが届くと同時に返却もできる
  • 一括払いでお得に使える

※プレミアムコースの場合

1年分をまとめ払いでお得に!

ある程度継続利用することで子どもの個性にあったおもちゃがわかってくるという観点から、まとめ払いの割引を行っています。

1年分をまとめて支払うと1か月分が無料となります。

最低利用期間の2か月を過ぎればいつでも退会が可能。

スタンダードコースとプレミアムコースとの違いは下記のとおりです。

大きな違いがありませんのでスタンダードコースがおすすめです。

プレミアムプランとの違い
  • おもちゃ交換可能時期の連絡なし
  • プラン提示後のおもちゃの変更は不可

基本情報

月額利用料・スタンダードコース3,278円
・プレミアムコース3,608円
おもちゃの数4~6点
金額相当15,000円
交換サイクル2か月
対象年齢0~4歳
兄弟の分配できる
最安プランスタンダードコースの年間一括払い

さらに、And TOBOXではコロナに罹ったユーザーに対し「自宅療養・自宅待機を支援するためおもちゃ4~6点を新たに送るプログラム」を実施しています。

今後もまだまだ感染拡大は続きそうなので、いざというときに子どもが自宅で飽きずに遊べる対策は必須です。

詳しくは以下より公式サイトでご確認ください。

\ クリックでページに飛びます /

おもちゃレンタルサービス⑥トイサブ!

幼児期には美しい色彩やおもしろい造形のおもちゃに触れてほしいという願いから、世界中のおもちゃを積極的に取り入れているトイサブ。

\ クリックでページに飛びます /

NHKをはじめ複数のメディアでも取り上げられています。

人気の秘密は80,000点におよぶ圧倒的な数があること。

木製のおもちゃからプログラミング思考を養うおもちゃまで、幅広いジャンルを用意しています。

おすすめポイント
  • 会員登録者数ナンバーワン※
  • 毎回一人ひとりにプランニング
  • アンケート調査をもとに知育玩具を選定
  • 壊しても弁償がいらない

※2021年8月時点

豊富な割引プランがある!

コースは1種類、支払い方法は毎月・半年・1年間の3種類があります。

1年間の場合、利用料は5,000円お得に。

半年の場合は1,002円お安くなります。

また、毎月払いの場合は初月20%割引適用となるため約700円お得です。

1年間のまとめ払いと、初月20%OFFは2022年3月31日までのキャンペーンとなります。

検討中の方はお早めに申し込んでくださいね。

基本情報

月額利用料・毎月支払い3,674円
・6か月一括支払い3,490円
・12か月一括支払い3,257円
おもちゃの数0~3歳まで6点
4歳~5歳5点
金額相当15,000円
交換サイクル2か月
対象年齢0~5歳
兄弟の分配できる
最安プラン年間一括払い

\ クリックでページに飛びます /

おもちゃレンタルサービス⑦いろや商店くらぶ

レンタルではなく定期購入として、おもちゃや絵本のお届けサービスを提供している「いろや商店クラブ」。

ユニークなのは店主が一人ひとりとじっくり対話しながら、お届けする内容を選んでいくということ。

子どもの個性にあわせ、子どもが主役となるおもちゃや本を受け取ることができます。

0~3歳向けのスモールボックスと、4歳以上もしくは兄弟がいる方向けのビッグボックスの2種類です。

おすすめポイント
  • おもちゃや絵本・図鑑は新品を買い取り
  • 毎月定期的にカウンセリング
  • おもちゃと絵本は自由に組み合わせ可能
  • 知識豊富は店主とじっくり対話できる

買い取りなので返却の手間なし!

いろや商店くらぶの一番の特徴は、送られてくるおもちゃや本が「買い取り」であること。

プロの視点で選ばれたおもちゃは試してみたいけど、返却は面倒だと感じる人にぴったりのサービスです。

基本情報

月額利用料・S 6,600円
・B 11,000円
おもちゃの数・S 2~4点
・B 2~8点
金額相当・S 5,000~6,000円相当
・B 9,000~10,000円相当
交換サイクル買い取り
対象年齢0~小学校卒業程度
兄弟の分配できる
最安プラン――

※S……スモールボックス B……ビッグボックス

\ クリックでページに飛びます /

おもちゃレンタル・サブスク選びのポイントは?

question

「おもちゃのレンタルを使ってみたい!」と思っても、どの会社のサービスを選べばいいか迷ってしまいますね。

選び方のポイントは下記の3点です。

それぞれについて詳しく説明していきます。

おもちゃレンタル選びのポイント
  1. コスパ
  2. 初回割引特典の有無
  3. おもちゃの交換サイクル

おもちゃ選びのポイント①コスパ

コスパを下記3つの視点に沿って解説します。

総合的に判断してコスパが安いと感じられるものを選ぶとよいでしょう。

コスパの視点
  • 利用料金
  • おもちゃの価格と数
  • 子どもの満足度

利用料金

おもちゃのレンタルを続けていく上で大事なのが毎月支払う利用料です。

「払ってもいいな」と思える金額は家庭の考え方によって違ってきます。

要望をきいてもらえるか、壊したときは弁償になるのかなど、料金だけではなくサービス内容もしっかりチェックしましょう。

おもちゃの価格と数

今回ご紹介した会社では一部を除いて10,000円から15,000円程度のおもちゃが届くことがほとんどです。

また、届くおもちゃの数も3~7点とばらつきがあります。

おもちゃの質は価格と比例するわけではありませんが、高いおもちゃを安く利用できるところがレンタルの利点の1つです。

届けられるおもちゃの数や総額にも注目しましょう。

子どもの満足度

一番大事なのは「子どもが喜んで使っているか」ということではないでしょうか。

せっかくのおもちゃに興味を示さなかったり、すぐに飽きてしまったりする場合は「コスパが悪い」という判断につながります。

その場合、意見や要望をプランに反映させてくれるかがポイントとなります。

おもちゃ選びのポイント②初回割引特典の有無

子どもにあうかわからないから利用を迷っているという親御さんもいらっしゃいます。

そんなときは、初めての方限定の割引や特典、全額返金制度がある会社を選びましょう。

申し込みからおもちゃの返却まで、サービス全体の使い勝手や子どもの反応をみながらサービス利用の検討をしてみてもよいでしょう。

おもちゃ選びのポイント③おもちゃの交換サイクル

今回ご紹介したおもちゃのレンタル会社では、2か月交換のものと毎月交換のものがあります。

下記のようにメリット・デメリットはありますのでお子さんの様子やライフスタイルに最適なものを選ぶようにしましょう。

おもちゃが気に入った場合は延長することもできます。

毎月交換の場合

メリットデメリット
新鮮な感覚で遊べる
たくさんの刺激を受けられる
返却が面倒
遊びつくす前に返却になる

2か月交換の場合

メリットデメリット
返却の手間が少なくてすむ
子どもが遊びこめる
おもちゃに飽きてしまうかも
2か月未満の交換は送料がかかることも

おもちゃレンタルのメリット

プレイジムで遊ぶ赤ちゃん

おもちゃをレンタルすることで得られるメリットはたくさんあります。

以下ではそれぞれのメリットについて順番に解説していきます。

おもちゃレンタルのメリット
  1. 子どもにあったおもちゃが使える
  2. 気に入ったら購入できる
  3. たくさん試して反応をみられる
  4. 忙しい中で買いに行かなくてもよい
  5. 部屋がおもちゃで溢れかえることがない

おもちゃレンタルのメリット①子どもにあったおもちゃが使える

子どもが欲しがるおもちゃや、親が使わせたいおもちゃが必ずしも成長に適しているわけではありません。

子どもの成長を促すためには発達段階にあった最適なおもちゃを与えることが大切です。

おもちゃのレンタルは子どもの発育とおもちゃに関して専門知識を持ったプロが、一人ひとりにあうおもちゃを選んでくれるため安心して任せることができます。

おもちゃレンタルのメリット②気に入ったら購入できる

しばらく使わなくても、子ども自身が手離したがらないおもちゃもあります。

手元に置いておきたい場合はお安く購入することもできます。

レンタル品はいわば中古品なので、新品よりもかなり低価格で手に入れることが可能です。

おもちゃレンタルのメリット③たくさん試して反応をみられる

「欲しい!と大騒ぎしたのに飽きるのが早かった」「評判のよいおもちゃなのに、うちの子にはさっぱり……」。

いつも一緒にいるママやパパでも子どもの反応を予測することは難しいですね。

何が合うのかわからないからこそ、たくさんのおもちゃに触れさせてみることが必要です。

おもちゃの数が増えれば、夢中になれるおもちゃに出会う確立もぐんと高まります。

おもちゃレンタルのメリット④忙しい中で買いに行かなくてもよい

小さな子どもを抱えていると、おもちゃを買いにお出かけするのも一苦労ではないでしょうか。

通販を利用する場合は「どれにしようか迷っているうちに時間だけが過ぎていた……」なんていうことも。

とにかく時間のないママ・パパにとって、プロの視点で選ばれたおもちゃが自宅に届くのはとても効率がよいといえます。

おもちゃレンタルのメリット⑤部屋がおもちゃで溢れかえることがない

子どもがいる家庭の悩みの種は、部屋がおもちゃで散らかることではないでしょうか。

収納の方法を考えるのも大変です。

おもちゃのレンタルなら不要なおもちゃは返却、必要なものは購入もできるので、使わなくなったおもちゃの片付けに追われることがなくなります。

また、買ったけど使わなかったという無駄買いも防ぐことができます。

おもちゃレンタルのデメリット&注意点

本を読む赤ちゃん

とても便利なおもちゃのレンタルサービスですが、デメリットや注意点はあるのでしょうか。

おもちゃのレンタルサービスのデメリットは主に4つあります。

おもちゃレンタルのデメリット
  1. 好みではないおもちゃが届くことも
  2. 壊したら自己負担になることも
  3. おもちゃが届くまで時間がかかることも
  4. 返却が面倒

しかし選び方に気をつけるだけでデメリットを解消することができます。

一つずつみていきましょう。

おもちゃレンタルのデメリット①好みではないおもちゃが届くことも

ほとんどの会社では事前カウンセリングを行い、持っているおもちゃやお子さんの興味について把握した上でおもちゃを選ぶことになります。

それでも満足できないおもちゃが届いたら、どこに不満があるのかしっかりと伝えましょう。

具体的なおもちゃのリクエストができるところとそうでないところがあります。

サービス利用前に確認しましょう。

おもちゃレンタルのデメリット②壊したら自己負担になることも

おもちゃが破損・紛失した場合、弁償責任があるか気になりますね。

保障内容も各社で異なります。

「パーツを紛失した場合1個につき〇〇〇円」というように、細かく定められているところもあります。

よく確認し保障が充実したサービスを選ぶとよいでしょう。

おもちゃレンタルのデメリット③おもちゃが届くまで時間がかかることも

会社によってはおもちゃ返却後、次のおもちゃが届くまでに期間があいてしまうことも。

期間を空けたくない場合は、おもちゃが届いた後で返却可能としている会社や、おもちゃのお届けと返却が同時に行えるところを選ぶとよいでしょう。

おもちゃレンタルのデメリット④返却が面倒

「使い終わったおもちゃを段ボールに入れて集荷を頼む」。

これだけのことですが育児中のママとパパにとってこの段取りを頻繁に行うのは大変です。

共働き家庭だと「集荷のために決まった時間に在宅しておくこと」もハードルが高いといえます。

返却の手間をできるだけ省きたい場合は、長く借りられる2か月サイクルのコースを選ぶとよいでしょう。

おもちゃレンタルの注意点

次におもちゃレンタルを利用する場合に気をつけておきたいこと2点を説明します。

大型の遊具はレンタル対象外のことも

「大型の遊具は買わずにレンタルしたい!」と思われている方も多いかもしれません。

今回ご紹介したおもちゃレンタルの会社では、ジャングルジムや木馬などの大型遊具はレンタル対象外となっています。

大型遊具のレンタルをしているサービスは他にあるためそちらを検討してみましょう。

使用後のアンケート記入が面倒

おもちゃの使用後のアンケートが面倒だと感じるかもしれません。

アンケート内容は次回の選定の参考にされる大事な資料です。

改善して欲しい点や要望などがあれば、少々時間はかかりますが具体的に伝えることをおすすめします。

おもちゃレンタルをうまく活用しよう!

子どものおもちゃは、身体や脳の発達に大切な役割をもっています。

色々な種類のおもちゃで刺激を与えてあげるためにも、プロの目線で選ばれたおもちゃレンタルを活用することはとても合理的です。

ぜひご家庭にあったサービスを見つけてうまく活用してくださいね。

子育て中のママに読んで欲しい記事一覧

以下は、子育て中のママにおすすめの記事一覧です。

気になる記事はぜひチェックしてみてくださいね!

\ クリックでページに飛びます /

目次