無料でもらえるママプレゼント>> ここをクリック

プレイテーブルはいらない?収納付きならお片付けがラクになる?

おもちゃをテーブルに運ぶ少女

プレイテーブルは、子どもが遊びを楽しむ上で必要不可欠なアイテムの一つですが、「邪魔になる」「いらない」といった意見もあります。

そこで、今回はプレイテーブルの必要性や不要性、そのメリット・デメリットについてまとめてみました。

カラダノートプレゼントキャンペーン<バーバパパ>

\ 全員必ずもらえる! /


タップできる目次

プレイテーブルは必要?メリットまとめ

yes-signboard

子どもがおもちゃを広げて遊べる「プレイテーブル」。

プロック・積み木・お絵かき・工作など遊び方は自由です。

SNSでインテリアのアイディアやDIYの方法なども話題になっていますが、そんなプレイテーブルのメリットはどのようなところでしょうか。

まずはメリットをご紹介していきます。

プレイテーブルのメリット
  • 床が散らからない
  • 続けて遊べる
  • 子どもが集中して遊べる

プレイテーブルのメリット①床が散らからない

プレイテーブルの上におもちゃを出して遊ぶので、床が散らかりません。

おもちゃを出す場所がプレイテーブル上になるので、いろいろな場所に散らばっていたおもちゃがまとまります。

また、プレイテーブルにはものが落ちないように枠がついているものが多く、細かいパーツがなくなったり、床に落ちたりするのを防げます。

プレイテーブルのメリット②続けて遊べる

プレイテーブルの上なら途中で遊びをやめるときも、そのまま置いておけます。

ご飯を食べ終わった後や翌日でも続きから遊ぶことが可能です。遊んだ後、毎回おもちゃを片づける手間がなくなります。

プレイテーブルのメリット③集中して遊べる

自分だけのスペースで集中して遊べます。

ブロックや工作、おままごとなど好きな遊びを思い切りできるので、集中力がつきます。

遊びながら集中力が身につくのは、うれしいメリットですね。

プレイテーブルはいらない?デメリットまとめ

no-signboard

子どもにもママにもメリットがあるプレイテーブル。

しかし、実際に購入してみると、困ることもあるようです。

プレイテーブルのデメリットは、どういったところなのでしょうか。

プレイテーブルのデメリット
  • 場所をとる
  • 重くて移動が大変
  • 値段が高い

プレイテーブルのデメリット①場所をとる

プレイテーブルは置くとそれなりに場所を取ります。

部屋が狭い場合、邪魔になったり、生活しにくくなったりします。

折りたためるタイプや幅が90㎝以下のコンパクトなものもあるので、部屋の大きさに合わせて選びましょう。

プレイテーブルのデメリット②重くて移動が大変

木製のプレイテーブルの場合、重くて移動が大変です。

「持ち運ぶときに重くて落としてしまい、枠の一部が欠けてしまい、危ないので使わなくなった」というママもいました。

プラスチック製のプレイテーブルは軽いので、移動させることが多い家庭では木製ではなくプラスチック製を選ぶとよいですね。

プレイテーブルのデメリット③値段が高い

プレイテーブルは子どもが遊びやすいように様々な工夫がされているため、他のテーブルに比べて値段が高くなっていて、安くても5,000円以上します。

子育て期間は何かとお金がかかるもの。

なるべく出費を抑えたいですよね。

そんなときは、フリマアプリやリサイクルショップなどで探すのもひとつの手ですよ。

プレイテーブルの代用として使えるものは?

baby-idea

プレイテーブルは欲しいけれど「物は増やしたくない」、「理想のプレイテーブルがない」と困ったとき、先輩ママたちはどうしたのでしょうか。

ここでは、プレイテーブルの代わりになる物をご紹介します。

プレイテーブルの代用品
  • 折りたたみテーブル
  • カラーボックス

折りたたみテーブル

キャンプのときなどに使う折りたためるテーブルは、プレイテーブルの代わりになります。

折りたためるので、家具と家具の隙間に立てかけられ収納にも困りません。

また、軽くて出しやすく片づけもしやすいので、物を増やしたくないママにはおすすめです。

カラーボックス

横にしたカラーボックスの上側を、プレイテーブルの代わりにしているママもいます。

下に収納スペースもあるので、片付けも簡単です。

また、カラーボックスDIYをして理想のプレイテーブルを作るママもいます。

カラーボックスを連結させ、天板を置きます。

子どもの遊びや、部屋の雰囲気に合わせた理想的なプレイテーブルができます。

買う前にチェック!後悔しないプレイテーブル選びのポイントは?

checked

プレイテーブルにはたくさんの種類があるため、どれにしたらよいのか悩んでしまいますよね。

最適なプレイテーブルを選ぶためのポイントをご紹介します。

ぜひ、買う前の参考にしてください。

プレイテーブル選びのポイント
  • 折りたためるか
  • 収納がついているか
  • 素材
  • 大きさ
  • 天板の種類
  • 子どもの遊び方に合っているか

折りたためるか

折りたためるプレイテーブルは、小さくたたんで収納できるので部屋が狭くても置き場所に困りません。

また、持ち運びもしやすいので、リビングや子ども部屋などいろいろな場所に持ち運んで使いたいときにおすすめです。

収納がついているか

プレイテーブルには収納がついているものもあります。

プレイテーブルに収納があれば、おもちゃや工作の道具、お絵かきの道具などの遊んだ後の片付けがラクです。

片付けの習慣も身につきますよ。

素材

プレイテーブルは木製とプラスチックの2種類があります。

木製のプレイテーブルは、インテリアに馴染みやすいく部屋の雰囲気を壊しません。

安定性もあり丈夫で壊れにくいのですが、重さがありプレイテーを動かしたいときに移動するのが大変です。

プラスチック製のプレイテーブルは、カラフルなので部屋をポップにしたいときにおすすめ。

軽いので持ち運びがしやすく、移動も簡単にできます。

大きさ

プレイテーブルを選ぶときは、部屋の広さに合ったサイズを選びましょう。

プレイテーブルのサイズは、幅90cm以下のものから120cmのものまで様々です。

狭い部屋に大きいプレイテーブルを置いてしまうと、生活がしにくくなってしまいます。

天板の種類

子どもの遊びに合った、天板を選びましょう。ブロックでよく遊ぶ場合は凸凹のついた天板がおすすめ。

ブロックが固定できるので、大型の作品作りもできます。

人形遊びなどはフェルトタイプの天板が向いています。

リバーシブルの天板もあるので、遊びに合ったものを選びましょう。

子どもの遊び方に合っているか

子どもの遊び方によっても大きさは変わってきます。

レールを敷いて電車を走らせたり、ブロックで遊んだりするのが好きな子どもには広いプレイテーブルがおすすめ。

お絵か気が好きな子どもには、道具に手が届く幅の小さいものが向いています。

人気のプレイテーブルおすすめ3選

ranking

プレイテーブルはどの商品を選べば良いのか。

今回は、楽天市場・Yahoo!ショッピングの人気商品から厳選したおすすめ3商品をご紹介していきます。

Hape(ハペ) お片付けプレイテーブル E3714

テーブルの天板を外すと中がお片付けスペースになっている、便利な商品です。

商品サイズも900×400×705(mm)と、大きすぎず小さすぎずちょうど良いサイズ感。

テーブルの中にはトンネルがあるため、電車を走らせるレール遊びなどにぴったりですよ。

ハペ(Hape)
¥19,815 (2023/06/05 14:55時点 | Amazon調べ)

KidKraft 木製プレイテーブル

図画工作や、お好みの線路を組み立てる楽しい風景用に、広げて両面使えるプレイボードです。

収納コンパートメント内蔵で、細かいおもちゃをスッキリお片付けができますよ。

キッドクラフト(Kidkraft)
¥35,800 (2023/06/05 14:55時点 | Amazon調べ)

Little Tikes 本物の木製電車と子供用テーブルセット 

木製電車とテーブルがセットになった商品なので、これ1つですぐに遊べます。

収納たっぷりの引き出しには、大型のおもちゃも収納できて便利です。

リトルタイクス(little tikes)
¥39,606 (2023/06/05 14:55時点 | Amazon調べ)

これって「いる?」「いらない?」関連記事一覧

子ども用品のなかには、「正直いらないかも?」というものも多いでしょう。

以下の記事もぜひチェックしてみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次