無料でもらえるママプレゼント>> ここをクリック

ママ友がいない人の特徴は?そもそもママ友は必要?

虹を見つめる親子

ママ友がいない人の特徴10タイプをご紹介!

そもそもママ友は本当に必要なのか、ママ友のメリット・デメリットもまとめました。

また、今からママ友を作りたい人がやるべきこともリストアップしましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

カラダノートプレゼントキャンペーン<バーバパパ>

\ 全員必ずもらえる! /


タップできる目次

ママ友がいない人の特徴【10タイプ】

baby carrier

ママ友がいない人の特徴をリストアップすると、以下のようになります。

ママ友がいない人の特徴【10タイプ】
  • 引っ越してきたばかりで知り合いがいない人
  • 元々内向的、内気でなかなか人脈を作れない人
  • 会話をしたり人間関係を築くのが苦手な人
  • 仕事や家庭で忙しく新しい友人を作る時間がない人(ワーママ)
  • 知り合ったママさんと趣味が違うため共通の話題を作るのが難しい人
  • 少人数での付き合いを好み新しい人脈を作るより親しい友人に頼ってしまう人
  • 交通手段がなく社会的な活動に参加できないため孤立している人
  • 子育て、子どもの活動、ライフスタイルなどの違いから、他のママから拒絶されることを恐れている人
  • 信念が違うので「ママ友グループ」になじめないと思っている人
  • うつ病や不安神経症を患っており新しい人脈を作ることに負担を感じている人

ママ友がいない人は、次のように2つのタイプに分かれます。

ママ友がいない2タイプ
  • ママ友が欲しいと思っていてもできないタイプ
  • そもそもママ友が欲しいと思っていないタイプ

「ママ友がいないと寂しい」、「ママ友がいないのは恥ずかしい」という声がある一方で、「ママ友はいなくても問題ない」という人もいます。

そもそもママ友は必要?

ランチタイム

ママ友がいる人も、ママ友がいない人でも「ママ友はいらない!」と思っている人が一定数存在します。

そもそもママ友は本当に必要なのでしょうか。

ママ友のメリット

ママ友を持つことは、いろいろな意味で有益です。

ママ友のメリット
  • 心の健康が改善される
  • 身体の健康の向上
  • 生活満足度の向上
  • 困ったときに助けてもらえる
  • 地域とのつながりが強くなる
  • 人脈や交友関係が広がる
  • 経済的に助かることも

心の健康が改善される

ママ友なら、パパなどにはわからってもらえないことでも理解してもらえる可能性があります。

ママ友を作ることで精神的なサポートや理解が得られ、ストレスや不安の軽減につながります。

身体の健康の向上

ママは自分の子どもの健康のために使えるリソースや知識を持っていることが多く、それが友だちの健康にも役立つことがあります。

生活満足度の向上

ママ友との絆を深め、経験を共有することで、より充実した生活を送ることができるようになります。

困ったときに助けてもらえる

多くのママは驚くほど忙しいので、仕事を手伝ったり子どもの世話をしたりできる友人がいれば、お互いに助け合うこともできます。

地域とのつながりが強くなる

ママ友は地域の活動に参加する傾向が強いため、地域とのつながりが強くなります。

脈や交友関係が広がる

他のママと親しい友人関係を結ぶことで、そのママを社会的に紹介し、友だちの輪を広げることができます。

経済的に助かることも

子どもの送迎、プレゼント、アドバイス、サポートなど、頼れる人がもう一人いることで、経済的な負担を減らせることもあります。

このように、ママ友がいれば悩みを吐き出したり精神的・実際的なサポートを得たりすることができます。

また、友達を持つことで、コミュニティを形成し、話を共有し、社交的になる機会を得ることができるなど多くのメリットがあります。

ママ友のデメリット

しかし、ママ友にはデメリットも。

ママ友との関係がうまくいかなかった場合、傷ついたり落胆したりすることもあります。

ママ友のデメリット
  • 子育てに関してアドバイスされてモヤモヤする
  • 度重なるマウンティングにイライラする
  • 子どもの世話を押しつけられて「無料のベビーシッター」のような存在になる
  • ママ友との時間を増やすと自分に使える時間が減る
  • 価値観が違っても関係を切りにくい

また、ライフスタイルや約束事によっては、友情を築き、維持すること自体が難しいかもしれません。

そのため最終的にママ友が必要かどうかは、あなた次第なのです。

ママ友が欲しい人がやるべきこと10選

花とノート

現在ママ友がいない人の中には、たくさんのママ友は必要ないが1人や2人くらいは欲しいと思っている方もいるでしょう。

そこで、ママ友が欲しい人が今やるべきこと10選を以下にまとめてみました。

ママ友が欲しい人がやるべきこと10選
  • TwitterやInstagramで会いそうな人とコミュニケーションを取る
  • ソーシャルメディアや地域雑誌などで地域のママグループや集まりを調べる
  • 今の友達に同じような育児スタイルのママを知らないか聞いてみる
  • 親子で参加できるヨガ教室、交流会、公園などを探してみる
  • 最寄りの保育園や幼稚園で参加できるクラスやアクティビティがあるかどうかを探す
  • 公立図書館や地元の大学で開催される親のためのワークショップやクラスに参加する
  • 子育てに関するオンライン・コミュニティやフォーラムに参加する
  • 地域のチャリティーイベントや募金活動に参加する
  • 近所のスーパーやショッピングセンターでよく合う人に挨拶をしてみる
  • 住んでいる地域、働いている地域でネットワークを作る

SNSの利用が盛んな今、ママ友は地域の女性に限らずTwitterやInstagramで探すのも良いでしょう。

万が一、何か嫌な思いをしても、こうした関係であれば気兼ねなく距離を置くことができます。

そのため、まず第一歩としてTwitterやInstagramでアカウントを開設し、自分と話が合いそうなママさんをフォローすることから始めてみてはいかがでしょうか。

子育て中のママに読んで欲しい記事一覧

以下は、子育て中のママにおすすめの記事一覧です。

気になる記事はぜひチェックしてみてくださいね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次