無料でもらえるママプレゼント>> ここをクリック

赤ちゃんにミトンは必要?メリット・デメリットまとめ

baby-mittens

出産準備リストにも記載されている「赤ちゃんのミトン」。

ママさんたちからは「結局使わなかった」「必要ない」といった声もあります。

そこで今回は、赤ちゃんのミトンのメリット・デメリットを徹底調査。

ミトンは必要なのか不要なのかを検討する材料にしてみてください。

カラダノートプレゼントキャンペーン<バーバパパ>

\ 全員必ずもらえる! /


タップできる目次

赤ちゃんのミトンは必要?メリットまとめ

yes-signboard

赤ちゃん用ミトンの必要性に関しては賛否が分かれるところです。

しかし赤ちゃんの様子をよく見て正しく使えばメリットはあります。

ミトンを使用するメリットは以下の通りです。

ベビーミトンのメリット
  • 赤ちゃんが顔を引っ掻くのを防止できる
  • 薬を口に入れる心配がない
  • 他人が赤ちゃんの手に触れないようにできる
  • 指しゃぶりで荒れた指を保護できる

赤ちゃんが顔を引っ掻くのを防止できる

月齢の低い赤ちゃんは、まだ手の動きをコントロールできません。

触れたものはなんでも握ってしまい、1番触れやすい顔を触って引っ掻いてしまいます。

そのため、どれだけ爪を短く切っても、毎日新しい傷をつくる子もいるようです。

その点、ミトンをすれば爪がカバーされるため傷を防いでくれます。

爪で目を傷つけて化膿してしまうこともあるため、あまりにも掻くときはミトンを使用すると良いでしょう。

薬を口にいれる心配がない

ミトンを付けていれば、乳児湿疹やアトピー性皮膚炎で薬を塗った際も赤ちゃんが薬を舐めてしまうことを防げます。

ミトンをつけていないと、赤ちゃんが薬のついた顔に触れ、その手を舐めてしまいますよね。

また、肌が荒れているところを爪で掻かなくてすみます。

肌に炎症がある場合は、医療機関に相談しながらミトンを使用するのもいいでしょう。

他人が赤ちゃんの手に触れないようにできる

外出先で子どもに優しくしてもらえるのは、とてもうれしいですが、いきなり赤ちゃんの手を触られるとびっくりしますよね。

とくに気にならない人もいる一方で、やめてほしいと思う人もいるでしょう。

そのようなとき、ミトンをしていれば見知らぬ人が赤ちゃんの手に直接触れることはできません。

赤ちゃんと他の人をあまり接触させたくない場合に、ミトンを使ってみてもいいかもしれませんよ。

指しゃぶりで荒れた指を保護できる

指しゃぶりは赤ちゃんにとって自然な成長過程で、指の形や感触を確かめて自分の手を認識していきます。

しかしあまりにも長時間吸っていると、指の皮がむけてしまうことも。

そのような場合にミトンで指を保護すれば、肌荒れが悪化しなくてすみます。

ただし、ミトンをしても指しゃぶりをするときは、衛生的も良くないため、こまめに交換すると良いでしょう。

赤ちゃんのミトンはいらない?デメリットまとめ

no-signboard

赤ちゃんの肌を守るために、ミトンを使いたい方は多いでしょう。

しかしデメリットも気になります。

ミトンには次のようなデメリットがあるため、赤ちゃんの様子や室温・使用時間などに気をつけながら使用したいですね。

ベビーミトンのデメリット
  • 赤ちゃんの体温調整の妨げになる
  • 事故の危険がある

赤ちゃんの体温調整の妨げになる

赤ちゃんは手足の末端で熱を逃したり、逃さないようにしたりして体温調整しています。

そのため、ミトンをつけると体温調整の妨げになることがあるのです。

とくに寝るときは、体にこもった熱を手足の先から外に放散するため、ミトンをつけたままだと、体に熱がこもったままになる可能性があります。

したがってミトンを使用する際は、長時間の使用は避けて通気性のよいものを選び、こまめに交換するようにしましょう。

事故の危険がある

ミトンが外れて赤ちゃんの口や鼻を塞いで窒息してしまう可能性がありますから、使用するときは赤ちゃんから目を離さないようにしましょう。

また、ミトンの糸ほつれが赤ちゃんの指に絡んでうっ血してしまうこともあります。

そのため、ミトンをめくって内側をチェックし、糸ほつれがないか確認してからつけましょう。

後悔しない赤ちゃんのミトン選びのポイントは?

checked

繊細な赤ちゃんの肌に直接触れるものなので、素材には気をつけたいですよね。

赤ちゃん用ミトンを選ぶときのポイントは次の4点です。

ベビーミトン選びのポイント
  • 肌に優しい素材で選ぶ
  • 縫い目が内側にないものを選ぶ
  • ジャストフィットするものを選ぶ
  • 夏場はメッシュがおすすめ

肌に優しい素材で選ぶ

赤ちゃんの肌は外からの刺激にとても敏感です。

皮膚の厚さは大人の約1/2しかありません。

肌に合わない素材の服を着たり、保湿剤を使ったりするとすぐ荒れてしまうことも。

また、体は小さいのに大人と同じ数の汗腺があるため、大人の約2~3倍ほどの汗をかく、汗っかきでもあります。

そのような赤ちゃんがつけるミトンは、肌への優しさと通気性の良さが大切です。

次の2つの素材が特におすすめですよ。

  • 綿100%のガーゼやフライス
  • オーガニックコットン

綿100%のガーゼやフライス

デリケートな赤ちゃんの肌に安心なのが綿100%素材です。

ガーゼとフライス、どちらも通気性と吸湿性があり、フライスの方がふんわり優しい手触りで、伸縮性があります。

オーガニックコットン

オーガニックコットンは、農薬や肥料などを厳しく管理され、化学薬品の使用を最小限にして作られたコットンです。肌

触りがよく、皮膚への刺激が少ないのが特徴なため、赤ちゃんにも安心できる素材といえます。

縫い目が内側にないものを選ぶ

縫い目が内側にあると糸が赤ちゃんの指に巻きつき、うっ血する恐れがあります。

またチクチクとした感触は痒みや肌荒れの原因となることもあるため、縫い目が外側にあるものを選びましょう。

ジャストフィットするものを選ぶ

大きいサイズはすぐに手から外れてしまうため、ちょうど良いサイズを選びましょう。

赤ちゃんのものは大きめを買いたくなりますが、ミトンは使用する期間が短いですから、ジャストサイズで問題ないですよ。

夏場はメッシュがおすすめ

夏産まれの赤ちゃんにはメッシュ素材がおすすめです。

手に熱がこもると体温調整できないため、通気性の良いメッシュで熱を逃がしてあげましょう。

メッシュも綿100%で肌に優しいものがあります。

人気のベビーミトンおすすめランキング3選

ranking

ベビーミトンは西松屋やアカチャンホンポなどの、ベビー用品を扱うお店ではだいたいどこでも購入することができます。

ただし、出産準備などは買うものが大量なので、ある程度ネット通販を利用するのもおすすめです。

そこで以下では、Amazon・楽天市場・Yahoo!ショッピングの人気商品から厳選したおすすめの3商品をご紹介していきます。

チュチュ かきむしり防止用手袋

安心の日本製。

洗濯を繰り返しても抗菌効果持続する、キチン・キトサン配合の清潔繊維でできたベビーミトンです。

通気性が高くむれにくいため、夏生まれの赤ちゃんにもおすすめです。

チュチュ
¥379 (2023/02/03 21:01時点 | Amazon調べ)

ミキハウス ホットビスケッツ ミトン

せっかくなら可愛いデザインのものを買いたい!というママさんにはミキハウスのベビーミトンがおすすめです。

お出かけや写真撮影などでもはめたままにできるデザインですね。

MIKIHOUSE HOT BISCUITS
¥1,100 (2023/02/03 21:01時点 | Amazon調べ)

ディズニー ベビーミニー新生児 ミトン

ディズニー好きなら「ベビーミニー」がプリントされたミトンもおすすめです。

Disney(ディズニー)
¥550 (2023/02/03 21:01時点 | Amazon調べ)

ただし、ベビーミトンはだいたい肌着を一揃えできる「新生児セット」に入っていることがほとんどです。

そのため、あえて個別に買わずに新生児セットの購入を検討してみるものよいでしょう。

DISNEY BABY(ディズニーベビー)
¥5,131 (2023/02/03 21:01時点 | Amazon調べ)

これって「いる?」「いらない?」関連記事一覧

子ども用品のなかには、「正直いらないかも?」というものも多いでしょう。

以下の記事もぜひチェックしてみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次