無料でもらえるママプレゼント>> ここをクリック

ベビーベッドはいらない?処分が面倒ならレンタルがおすすめ

baby-bed

ベビーベッドは必要性を感じるものの、処分も面倒だからいらないという方もいます。

そこで今回は、ベビーベッドのメリット・デメリットを徹底調査。

ベビーベッドの必要性やレンタルしたらいくらになるのかなど気になる話題をまとめてみました。

カラダノートプレゼントキャンペーン<バーバパパ>

\ 全員必ずもらえる! /


タップできる目次

ベビーベッドは必要?メリットまとめ

yes

出産準備をする中で、「赤ちゃんが寝る場所をどこにするか」はとても悩むところではないでしょうか。

実際、赤ちゃんが自分で動けるようになるまで、ほとんどの時間を過ごす場所となるため、なるべく良い環境を整えたいですよね。

そこで、赤ちゃんの睡眠環境にベビーベッドを使用する場合のメリットをまとめました。

ベビーベッドのメリット
  • 就寝中の不慮の事故から守れる
  • 歳の近い兄姉やペットから安全に距離をとれる
  • おむつ換えや抱っこの動作が楽にできる
  • 赤ちゃんを寝かせたまま家の中を移動できる

就寝中の不慮の事故から守れる

赤ちゃんが夜寝る場所として、ベビーベッドを検討する人が多いのではないでしょうか。

赤ちゃんが小さいうちは、「大人と添い寝の方が、赤ちゃんをすぐに確認できて安心」と考えてしまうかもしれません。

しかし、大人のベッドで赤ちゃんと一緒に寝ることは、窒息や転落など不慮の事故が起こる可能性が高まり危険です。

厚生労働省も、睡眠中の窒息事故への注意として、大人用ベッドではなく、できるだけベビーベッドに赤ちゃんを寝かせることを推奨しています。

睡眠中の窒息事故にも注意が必要です。注意ポイントとしては、大人用ベッドではなく、できるだけベビーベッドに寝かせ、転落しないように柵は常に上げ、赤ちゃんの頭や身体がはさまれないよう、周囲の隙間をなくしましょう。

引用:厚生労働省

歳の近い兄姉やペットから安全に距離をとれる

歳の近い兄や姉、ペットがいる場合、赤ちゃんを安全に寝かせておく場所を作るのはとても難しいですよね。

赤ちゃんをベビーベッドに寝かせておけば、誤って蹴られたり踏まれたりする心配はありません。

ペットと同居している場合も、ベビーベッドがあれえば接触を極力避けることができるでしょう。

おむつ換えや抱っこの動作が楽にできる

赤ちゃんは小さいうちほどおむつを換える回数が多いです。

また、赤ちゃんは大人と違いたくさん汗をかくため、1日何度も着替えをすることもあります。

頻繁なお世話で、毎回腰を曲げてかがんだり、膝をついたりするのは大変ですよね。

ハイタイプのベビーベッドであれば、立った姿勢のままおむつ換えや着替えができます。

また、ぐずる赤ちゃんを抱き上げる動作も楽にできるため、産後の体にはとてもありがたいですよ。

赤ちゃんを寝かせたまま家の中を移動できる

家の中で、いつでも目の届くところに赤ちゃんがいてくれると安心できますよね。

キャスター付きベビーベッドの場合、赤ちゃんを寝かせたまま寝室からリビングへ移動することも可能です。

天気の良い日に窓辺に動かして、少し日光浴をさせたりすることもできますよ。

ベビーベッドはいらない?デメリットまとめ

ベビーベッドはメリットも多いけれど、出産準備はたくさんのお金がかかるため、なかなか購入に踏み切れないという方も多いのではないでしょうか。

以下に、ベビーベッドのデメリットをまとめました。

ベビーベッドのデメリット
  • 使用時期が限られる
  • 大きいため場所を取る

使用時期が限られる

ベビーベッドのサイズは会社によって様々ですが、一般的に一番大きな「標準サイズ」を選んだ場合でも、対象年齢はおおよそ2歳ごろまでとなっています。

家具として買うには短く感じるかもしれません。

しかし、ベビーベッドの中には、形を変えて「キッズベンチ」や「ジュニアベッド」、そのほかにも様々な形に変わり、長く使えるものもあります。

  • 1~2年といわず、家具として長く使いたい
  • ベビーベッドを卒業した後の使い道に不安がある

という人にも安心ですね。

大きいため場所を取る

ベビー布団のみの場合と比べて、ベビーベッドは高さがあるため、どうしても圧迫感があります。

  • 部屋に適したサイズを選ぶ
  • 高さがロータイプのものを選ぶ

といった工夫で、圧迫感を少なくすることができます。

買う前にチェック!後悔しないベビーベッド選びのポイントは?

checked

いざベビーベッドを購入するとなっても、たくさんの種類があるため、何を基準に選んだらいいのか迷いますよね。

以下に、購入の際のポイントをまとめました。

生活スタイルに合ったベビーベッドを選び、購入後に後悔することがないようにじっくり検討しましょう。

ベビーベッド選びのポイント
  • サイズを選ぶ
  • 高さを選ぶ
  • 柵の種類や可動域で選ぶ
  • 便利な機能がついているものを選ぶ
  • 長く使えるものを選ぶ

サイズを選ぶ

ベビーベッドは、使用場所によっておすすめの大きさが変わります。

寝室だけで使用する場合

一番長く使える標準サイズ(70×120cm)がおすすめです。

対象年齢はおおそよ2歳ごろまでとなっています。

寝室だけでなくリビングでも使用する場合

移動に便利で場所を取らないミニサイズ(60×90cm)がおすすめです。

対象年齢はおおよそ1歳ごろまでとなっています。

移動が前提の場合は、必ず家の一番せまい場所(廊下など)のサイズを測っておきましょう。

「組み立て後に移動ができないことが判明した」というトラブルを防げます。

リビングだけで使用予定の場合

部屋の圧迫感を軽減できるため、ミニサイズがおすすめです。

高さを選ぶ

ベビーベッドの高さには、おおよそ3つの選択肢があります。

高さ別タイプ
  • ハイタイプ
  • ロータイプ
  • 床板の高さを変えられるタイプ

寝室で使用しているのが布団かベッドかによって、おすすめが変わります。

また、「寝室以外で使用する予定があるかどうか」で考えるのもポイントです。

(◎:特におすすめ ●:おすすめ △:ほかのタイプがおすすめ)

寝室で床に布団を敷いている場合

◎ロータイプ(体を起こすだけで赤ちゃんの様子が見られる) 

△ハイタイプ(赤ちゃんの様子を見るために立ち上がらなければいけない)

寝室でベッドを使用している場合

◎ロータイプ(大人と添い寝の形で寝ることができる) 

◎床板の高さ調節ができるタイプ(成長に合わせて床板を下げることで長く使える) 

寝室だけでなく日中もリビングで使用する場合

◎ハイタイプ(おむつ換えなどの動作が楽にできる)

●ロータイプ(部屋の圧迫感が軽減される)

柵の種類や可動域で選ぶ

赤ちゃんの手足が柵に挟まる心配がある場合や、柵の隙間からのいたずら防止には、柵がネットタイプのものがおすすめです。

また、ツーオープンタイプは縦横どちらの柵も降ろすことができるため、おむつ換えや着替えの際に便利ですよ。

便利な機能がついているものを選ぶ

1日を通して、リビングと寝室を何度も移動させる場合は、キャスター付きが必須条件です。

下に荷物が置けるものであれば、おむつや着替えなどのお世話セットを1か所に置いておけるので便利ですよ。

長く使えるものを選ぶ

ベビーベッドとして使用する以外にも、形を変えて長期間使えるものがあります。

使用時期が短いためにベビーベッドの使用に消極的な場合は、以下のような多機能ベビーベッドはいかがでしょうか。

多機能ベビーベッド
  • ベビーサークルになるもの
  • キッズベンチになるもの
  • ジュニアベッドになるもの
  • 学習机になるもの

ベビーベッドを卒業した後も、思い出の品物が形を変えて長く使えるのは、とてもうれしいですよね。

人気のベビーベッドおすすめランキング3選

ranking

ベビーベッドがタイプや価格がバラバラで、どれを買えば良いのか迷ってしまうもの。

そこで以下では、Amazon・楽天市場・ヤフーショッピングの売れ筋商品となっている人気商品から厳選したおすすめの3商品をピックアップしてご紹介していきます。

Aprica(アップリカ) コンパクトにたためるベビーベッド ココネルエアーAB

圧倒的に人気を誇るアップリカのベビーベッド。

コンパクトにたためるため、里帰り出産にも便利ですし使用しない時期の収納に困りません。

メッシュガードなので安全で通気性も良く、レビューも高評価となっています。

ベビーベッド「ミニベッド&デスク」

ベビーベッドとして使った後は、デスクに早変わり!

処分に困らず使い回せるタイプのベビーベッドです。

ベビーベッド エリーゼ 日本製

コストを抑えたいのであれば、木製のベビーベッドがおすすめ。

キャスター付きで移動もラクですし、ベッド下の収納スペースには赤ちゃんのお世話グッズをたくさん入れることができますよ。

¥17,900 (2022/12/29 14:44時点 | Yahooショッピング調べ)

処分が面倒ならベビーベッドのレンタルがおすすめ

checked

ベビーベッドは使わなくなると、かなり邪魔になっていまうもの。

しかも大型家具なので、処分も結構面倒です。

そこでおすすめなのは、ベビーベッドのレンタルです。

ベビレンタなら、1週間からレンタル可能ですよ!

\ 今すぐチェック! /

人気のベビーベッド「ココネル エアー AB アップリカ」なら、7,880円(税込)からレンタル可能です。

1週間レンタル7,880円(税込)
1ヶ月レンタル9,081円(税込)
2ヶ月レンタル12,280円(税込)
3ヶ月レンタル16,180円(税込)
6ヶ月レンタル22,580円(税込)
2022年12月29日時点

>>【新品レンタル】ココネル エアー AB アップリカ

購入するよりも安く、処分にも困らないため、ベビーベッドを買おうか迷っている方は、とりあえずレンタルを活用するのが良いでしょう。

これって「いる?」「いらない?」関連記事一覧

子ども用品のなかには、「正直いらないかも?」というものも多いでしょう。

以下の記事もぜひチェックしてみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
タップできる目次