母子手帳サミット

妊娠時に女性が必ず受け取る「母子手帳」。この母子手帳の可能性を議論し、新しい母子手帳のカタチを考えるワークショップ、“母子手帳サミット”を7月7日に開催いたします。

母子に関わる様々な職業のゲストスピーカー11名からの「母子手帳の可能性」に関するトーク、参加者全員で母子手帳の可能性について意見を交わす対話セッションを通じて、母子手帳と日本の育児に関して学び、語る半日間です。

育児に関するご職業の方、子育て中のお母さんお父さん、母子手帳や育児に興味のある方、どなたでも参加可能なオープンな場です。多くの方の参加をお待ちしております。

 


日程:7月7日(土) 13:00~17:00 (開場12:30)                        

会場:二子玉川カタリストBA http://creative-city.jp/2011/04/ba-1.html                (東急大井町線・田園都市線二子玉川駅下車徒歩1分)                   

定員:30名(申込多数の場合は、先着順とさせていただきます)               

参加費:2,000円(当日受付にてお支払いください。)

                                                                                           

定員に達しましたので、受付を締め切らせて頂きます。

たくさんのお申込みありがとうございました。

                                                                                              


【第一部】  13:00- ゲストトーク「自分の職業から見た母子手帳の可能性」                           ゲストスピーカー11名に、様々な職業の立場から見える子どもの現状や母子手帳の可能性について   話していただきます。

小笠原 舞(まちの保育園保育士)                             小澤 いぶき(児童精神科医)                               兼松 佳宏(greenz.jp編集長/NPO法人グリーンズ理事)                    松本 理寿輝(まちの保育園経営者)                            みつい まみこ(ベビーマッサージ ママぞう。主催)                     三木 智有(NPO法人tadaima!代表)                            吉岡 佑珠(子育てアドバイザー)                             渡辺 龍彦(発達支援センターLeafジュニア施設長/「ことな」編集人)             竹下 浩美・永田 京子(NPO法人マドレポニータ産後セルフケアインストラクター)      堀江 敦子(スリール株式会社代表)                            小菅 隆太(日本愛妻家協会)                     

【第二部】  15:00- 「母子手帳の未来の可能性」の対話                      ゲストトークの内容をもとに、参加者全員参加で母子手帳の新しい使い方、改善アイデアや将来の 可能性に関して意見を交わす対話の場です。

                                                                                    


■子どもに関わる職業の方                                 ■普段から母子手帳を使っていて疑問をお持ちの方                      ■母子手帳の可能性を信じている方                             ■新・母子手帳を広めたいという気持ちをお持ちの方

                                                                          


■西村 勇也(ダイアログBar 代表/NPOミラツク 代表理事)                                                  大阪大学大学院にて人間科学の修士を取得。対話のプロセスデザイナーとして、組織変革、地域再生、社会起業の分野で、継続的な自立、成長、協力、イノベーションを生み出すコミュニティデザインを手がける。2008年から始めたダイアログBarの取り組みには1500人が参加。2011年に”対話とともに新しい未来をつくる”をテーマにNPO法人ミラツクを設立。2011年10月に未来をつくる対話基金を設立。社会に革新的な変化を生み出すため、社会的な活動に取り組むリーダーとプロジェクト創出に取り組む。http://emerging-future.org/

■井口 奈保(コミュニケーション・プロセス・デザイナー)                                                  慶応大学にて人間科学を専攻。卒業後、単身渡米.California School of Professional Psychologyにて、組織心理学修士を取得。組織デザイン、グローバルコミュニケーション、チームビルディング、コーチングなどの理論と実践を習得。同時にGrove Consultants Internationalにて、グラフィック・ファシリテーションを用いたシステム変革手法を学ぶ。帰国後、2009年よりフリーランスで「コミュニケーション・プロセス・デザイナー」という新しい領域を築いている。Community Catalyst [TEDxTokyo] http://tedxtokyo.com/ Founder [TEDxTokyo yz] http://tedxtokyoyz.com/

■筧 裕介( issue + design project デザイナー / 工学博士)                                                                               一橋大学社会学部卒業。東京工業大学大学院社会理工学研究科修了。東京大学大学院工学系研究科修了(工学博士)。社会課題をデザインの力で解決するソーシャルデザイン領域の研究、実践に取り組む。2008年山崎亮他とともにissue+design project設立。「できますゼッケン」にて2011年グッドデザイン賞、「親子健康手帳」にて2011年キッズデザイン賞審査委員長特別賞、2011年日本計画行政学会・学会奨励賞他受賞。http://issueplusdesign.jp/

                                                                                                  


■小笠原 舞(まちの保育園保育士)                                                             まちの保育園 保育士 兼 オトナノセナカ共同創設者。 保育の現場に立つだけに限らず、「こども未来プロデューサー」という、新しい仕事の確立、保育士の社会的地位の向上、そしてchild future centerの立ち上げという 大きな社会への挑戦を続けている。保育士として、東京未来大学にて講義経験有。http://machihoiku.jp/ 母子手帳リレートークhttp://mamasnote.jp/relaytalk/16 

■小澤 いぶき(児童精神科医)                                                               新潟大学医学部医学科卒業後、研修医、精神科救急を経て、児童精神科医として、臨床に携わる。精神科専門医、精神保健指定医。様々な子ども達と出会う中で、臨床現場で感じた課題を、医療現場だけでなく、家庭を中心とし、教育、民間、行政機関などと連携し、地域で解消いけるような形を考えながら活動している。母子手帳リレートーク掲載中:http://mamasnote.jp/relaytalk/19

■兼松 佳宏(greenz.jp編集長/NPO法人グリーンズ理事)                                                  1979年秋田生まれの勉強家 兼コンテンツディレクター。greenz.jp編集長/NPO法人グリーンズ理事。趣味は勉強すること、対話すること、プロトタイプすること。ひっくるめて「これからの◯◯」を創造すること。著書に『ソーシャルデザインー社会をつくるグッドアイデア集』(グリーンズ編)、『クリエイティブ・コミュニティ・デザインー関わり、つくり、巻き込もう』(共著)など。http://greenz.jp/

■竹下 浩美・永田 京子(NPO法人マドレポニータ産後セルフケアインストラクター)                            マドレボニータとはスペイン語で「美しい母」の意。「美しい母がふえれば、世界はもっとよくなる」をキャッチフレーズに「子育ての導入期」という最も不安定な時期にある女性の心と身体の健康をサポートする活動をしています。http://www.madrebonita.com/ 

■堀江 敦子(スリル株式会社代表)                                                              中学時代からの100名以上のベビーシッター経験から、「誰もが安心して、笑顔で子どもを生み育てられる社会を目指したい」と、某大手IT企業勤務を経て25歳で起業。ロールモデル(母親・父親)の自宅に、大学生が子育てインターンとして入り、保育をサポートする『ワーク&ライフ・インターン事業』を展開。内閣府のプロジェクトに参画中のほか、大学などでの講演多数。    http://sourire-heart.com/

■松本 理寿輝(まちの保育園経営者)                                                             ナチュラルスマイルジャパン株式会社代表取締役。一橋大学商学部商学科卒業。2003年博報堂に入社、06年フィル・カンパニー取締役副社長を経て、09年4月に独立。国内外の幼児教育・保育の視察を繰り返し、保育園で修行を積んだ後、ナチュラルスマイルジャパンを創業。2010年4月、東京都練馬区に、まちぐるみの教育・保育を実践する「まちの保育園 小竹向原」を開園。      http://machihoiku.jp/ 母子手帳リレートーク掲載中:http://mamasnote.jp/relaytalk/11 

■みつい まみこ(ベビーマッサージ ママぞう。主催)                                                     2008年より、「ベビーマッサージママぞう」開業。「ベビーマッサージと月経力を伝える人」として、「女性である自分を抱きしめる」「誰も落ちこぼれない、誰も零れ落ちない、あなたのままでいい育児(人生)」をテーマに活動中。ベビーマッサージでふれること、毎月の月経を楽しみに受け入れることは、どちらも自己肯定感につながる。7歳娘のシングルママ。         http://mamazou.chu.jp/index.html

■三木 智有(NPO法人tadaima!代表)                                                             大学卒業後、インテリアを学び、その後、設計事務所に就職。2006年よりフリーランスのインテリアコーディネーターとして活動。首都圏に建つ数々の新築マンションのご契約者様にインテリアコーディネートを提案。2010年、「住みやすい家を創る」ために「人」にアプローチするため、任意団体tadaima!を設立。2011年、花王社会起業塾イニシアティブ2011に選出され、法人化。特定非営利活動法人tadaima!となり現在活動中。http://npotadaima.com/

■吉岡 佑珠(子育てアドバイザー)                                                              東洋英和女学院卒。専門は幼児教育・児童心理学・発達心理学。幼稚園教諭と保育士、両方の資格をもつ。東京都の私立・公立幼稚園に勤務の経験あり。子育て・保育アドバイザー思春期・家庭問題・親子関係のカウンセラーとしても活動中で、独自の手法によるセラピーを行う。http://air.ap.teacup.com/yuumi/

■渡辺  龍彦(発達支援センターLeafジュニア施設長/「ことな」編集人)                                              慶応義塾大学環境情報学部卒。高校1年から子どもの遊びとおもちゃの研究を開始。大学では社会起業論・芸術論を学びつつ、遊び場づくりの市民活動やおもちゃ屋の販売員、自費出版のリトルプレス「ことな」の制作等を行う。大学卒業後、株式会社ウイングルに入社。障害者の就労支援施設長を経て、現在発達が気になる子どもたちの療育施設Leafジュニアの施設長を務める。       http://leaf-school.jp/

 

■小菅  隆太(日本愛妻家協会)          

                                   株式会社ディー・エヌ・エーのメンバーとして2000年~2006年まで全国各地、述べ400箇所を行脚し講演会を実施。独特の語り口と、TPOに合わせた演出で、社内外に多くのファンを作る。昨今では、結婚式の司会、社会活動系イベントプロデュース、ブランディング等、広報支援等、クライアントのニーズに則したPRの依頼も増えてきており、企画から宣伝、運営までワンストップで事業やイベントを盛り上げるスペシャリストとして活動の幅を広げている。1975生36歳。二児(娘)の父。     

 


日本の母子手帳を変えよう                                 issue + design project                                  ナチュラルスマイルジャパン(まちの保育園)